インスタ映え女子を目指すブログ♪

 

BBクリームで小じわ対策

紫外線は外に出るとどうしても気になってきますが、顔の小じわ対策としてファンデーションを塗ることがスキンケアそのものになっている感じです。

 

なぜなら、最近のファンデーションは美容液やUVクリームが入っているものが多いので、クリームを塗る感じで肌ケアとしても使うことができるからです。女性の肌の大敵の紫外線は少しでも紫外線を浴びてしまうことで、肌に大切な成分コラーゲンやエラスチンを壊してしまうそうです。BBクリームを使うことで、小じわ対策として難しい対策を考えなくても、これなら簡単にケアできてしまうということです。

 

BBクリームなどであれば、これ1本で肌ケアができて最高です!むかしは粉をはたいてからのシワが気になったものですが、パウダーをつけても肌に油がにじんでくるくらい潤ってくる感じですよ。年齢も関係なくおすすめできる肌ケアとしてとてもおすすめです。

 

また、シワを増やさないためには肌の保湿も忘れないようにしないといけません。とくに保湿に関しては今使っているクレンジング剤や洗顔剤を見直すということも大切になってくるみたいです

 

たるみに負けない

仕事を辞めてから鏡を見る回数が減ったせいか、久しぶりに会った娘が開口一番に言った言葉が、「どうしたのその顔でした。」私はそう言われるまで、「たるんだかな。」程度の軽い気持ちだったので、かなりショックをうけました。それからは、テレビショッピングや雑誌を見ては、いろいろ試してみては、なかなか思うような物は見つかりませんでした。

 

そしてやっと今は、化粧水の前に美容液を1品追加して使うようになりました。美容液も化粧水も乳液もコットンを使いません。美容液は、手のひらで温めてから顔にゆっくりと手を押し当て、乳液は指で顔を引き上げるように優しくつけています。

 

お手入れは、力をいれずに優しく顔をなでるようにした方が良いように思います。

 

お手入れの最後に顎と頬そして、首にかけてリンパマッサージをしています。顎のリンパマッサージは、顎の骨を指で挟むようにして力を入れて行い、首に流れたリンパを手で上から下に流すようにして行っています。

 

ホワイトニングケア

歯の美白ケアも女子には欠かせないお手入れの1つですね。

 

たまたま私が美容液を使っている会社から美白ジェルが発売されたとこちらのブログで発見!!!

 

シマボシ3Dホワイトの漂白効果を徹底分析【黄ばみブス卒業!】33歳Yumiの実際使った口コミ

 

最低3ヶ月続けた方がいいそうなので、出費覚悟で挑戦ですね。

両頬にできた肝斑

わたしの頬には肝斑があります。少し前までシミだと思っていたけどいろいろ調べてみたら肝斑でした。

 

肝斑とは女性ホルモンの変化からできる左右対称のシミのこと。わたしの両頬に肝斑ができたのは40代になってから。

 

年齢だからシミができても仕方がないと思っていましたが、肝斑だと分かり今は自分の肌とカラダを大事にするようになりました。

 

更年期なので肌にも影響が出ます。

 

カラダにも更年期の影響が出ているので昔のように頑張りすぎないようにペースダウンしてのんびり過ごすことを意識していますよ。

 

カラダをいたわることで肝斑もひどくならないような気がします。

 

肝斑という肌のシミはケアを間違うと目立ってしまいます。

 

簡単に言うと肝斑は刺激してはいけないのです。だからマッサージもできません。ちなみにシミ用クリームをつけても解決しないのでそういう物は一切使いません。

 

カラダをいたわり早寝早起きを心がけるだけで肝斑の進行は抑えられるようです。

更新履歴